沿革

   ホーム  >  沿革

京都高校定時制課程の沿革

昭和23年 7月 1日 福岡県立京都農業高等学校に定時制農業科併置される。
昭和23年 8月11日 福岡県立京都高等学校に定時制被服科が設置される。
昭和25年 3月31日 福岡県立豊前高等学校と改称されるとともに、定時制農業科が設置される。
昭和25年 4月 1日 今元小学校内に今元分校開設され、開校式を挙行する。
昭和25年 3月31日 福岡県立京都高等学校定時制被服科が翌4月1日から福岡県立豊前高等学校に移管される。
昭和25年 4月 1日 今元分校に定時制普通科第一学年一学級が設置される。
昭和26年 4月 1日 定時制一学級が増設される。
昭和30年 3月31日 今元分校定時制普通科、農業科、生徒募集を停止する。
昭和30年 4月15日 福岡県立豊前高等学校から改称した。
昭和32年 9月 1日 福岡県立豊前農業高等学校夜間定時制課程普通科行橋分校の開校式並びに入学式が挙行される。
昭和32年 9月 1日 行橋分校独立校舎を改造し移転する。
昭和36年 4月 1日 福岡県立京都高等学校に夜間定時制課程普通科の行橋分校が移管される。
昭和38年 4月 1日 福岡県立京都高等学校併置校として行橋分校が移管認可され、新校舎本館に移転する。
昭和38年11月15日 学校給食開始される。
昭和40年 4月 1日 定時制普通科一学級増が認可される。
昭和42年 7月 1日 給食室の設置が認可される。
昭和42年 8月15日 屋外照明の設置が認可される。
         定時制独自の体育祭を試行する。
昭和43年 5月13日 完全給食が実施される。
昭和43年 5月18日 定時制創立20周年式典、屋外照明完工式が挙行される。
昭和59年 4月   定時制倉庫が竣工する。
平成 2年12月   通学用門扉を新設する。
平成 3年 3月   食堂(定時制給食室兼用)、定時制保健室を新設する。
平成10年10月   校舎大規模改造第1期。
平成11年10月   校舎大規模改造第2期。
平成12年11月   旧図書館を改造する(常磐会館)。
平成15年 8月   普通教室に空調機器が設置される。
平成18年 4月   文部科学省より学力向上拠点形成事業推進校に定時制も含めて指定される。
         同じく福岡県教育委員会より学力向上推進枝に指定される。
平成19年     定時制通信制北九州地区連合文化祭が廃止される。
平成28年 1月   校舎大規模改造工事第一工区第一期竣工(定時制普通教室完成) 

平成29年10月27日 定時制創立70周年記念式典が挙行される。


 

 ホーム
福岡県立京都高等学校
〒824-0032福岡県行橋市南大橋4-5-1
Tel:0930-23-0036,23-0038  Fax:0930-23-9841
Copyright(C)2014 福岡県立京都高等学校 All rights reserved