全日制

   ホーム  >  全日制 [ 注意報・警報発令時の対処 ]

                             福岡県立京都高等学校

 

注意報・警報発令時の対処について

 

 

 臨時休校や自宅待機などに関して事前に連絡が可能な場合は、これまでどおりお知らせしますが、緊急の場合は、次の表に従って、安全に留意した対応をしてください。

 

 

 

  

 

授業

 

          

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

強風

 

大雨

 

洪水

 

大雪

 

 

 

 

平常授業

 

①今後の気象情報や地域・交通機関の実状等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。

②安全に登校することが心配される場合や交通機関が途絶している場合は、学校に連絡し、自宅で待機する。その後、状況が好転したら安全を確認した上で登校する。

 

①気象情報や地域・交通機関の実状に応じ、下校させることもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暴風

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業中止

(自宅待機)

 

午前6時の時点で行橋市(または居住地)に警報が発令されている場合は、午前11時まで自宅で待機する。

午前11時の時点で警報が解除されている場合は、午後の授業に間に合うように登校する。

 ただし、今後の気象情報や地域・交通機関の実状等を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。安全に登校することが心配される場合や交通機関が途絶している場合は、学校に連絡し、自宅で待機する。その後、状況が好転したら安全を確認した上で登校する。

 

①安全を確認した後、下校させる。

【確認事項】

・交通、道路情報の確認

・保護者引き取りの有無

・集団下校者の確認

・自転車通学生の安全指導  ・下校途中で帰宅不能になった場合の対処方法

②安全に下校することが困難な生徒については、保護者と連絡をとり、適切に対処する。

 

 

 

大雨

 

洪水

 

大雪

 

 

平常授業

 

①今後の気象情報や地域・交通機関の 実状等を家族と相談し、安全を確認した上で登校する。

②安全に登校することが心配される場合や交通機関が途絶している場合は、学校に連絡し、自宅で待機する。その後、状況が好転したら安全を確認した上で登校する。

 

①気象情報や地域・交通機関の実状に応じ、下校させることもある。 

②安全に下校することが困難な生徒については、保護者と連絡をとり、適切に対処する。 

 

 

 備 考

 

 臨時休校や自宅待機とする場合は39メール、HPで連絡する。

 

     

安全を第一に行動すること

 

 

*「特別警報」が発表された場合は、ただちに命を守る行動をとってください。

   避難所に避難する、家の中で少しでも安全な場所に移動するなど

   周囲の状況に応じた行動をとってください。

 

 ○気象情報の確認について気象庁ホームページ(http://www.jma.go.jp/jp/warm/)やNHKテレビのデータ通信等が利用できます。

 ホーム
福岡県立京都高等学校〒824-0032福岡県行橋市南大橋4-5-1
Tel:0930-23-0036,23-0038 Fax:0930-23-9841
福岡県立京都高等学校
〒824-0032福岡県行橋市南大橋4-5-1
Tel:0930-23-0036,23-0038  Fax:0930-23-9841
Copyright(C)2014 福岡県立京都高等学校 All rights reserved