校長室

   ホーム  >  校長室

                                                                 

                                                              <土田 秀夫 校長>

 平成最後の4月に、この伝統ある京都高校に赴任してまいりました校長の土田と申します。

私にとっての本校のイメージは、福岡県の中にある県立高校の中で、リーダー育成を目指している

学校の一校であるとの印象を強く持っています。従いまして今年度初めの式辞におきましては、生徒

に次の様に述べさせていただきました。

 『私の教員生活の中で、大きな影響を与えていただいた方の、お一人が京都高校出身であり、この

たび京都高校に勤務することが決まり、その方にまず一番に電話で報告しました。すると間髪入れず

「それは、大歓迎だ」と言ってくださいました。「それは、大歓迎だ」の一言で、私自身は本当に嬉しく

思うと同時に「やってやろう」と前向きな気持ちになりました。もし報告した時の言葉が「それは、ビック

した」なら、私は、ずっと「どんなふうにビックリしたのだろう」と前向きな気持ちにはなれなかったと

ます。
 このように、我々は何気ない会話の中で相手に対して「勇気を与えたり・感謝されたり」することが
あり

ます。一方で、「相手を傷つけたり・残念に思われたり」することがあります。

 本校に在籍している君達は、全力で勉強・部活動・生徒会活動に取り組むことは、当たり前のことで

あり、将来日本だけでなく、世界的にも各方面でリーダーを目指すことは大きな目標の一つです。

だからこそ「相手に対して思いやりをもって、自分の考えを伝える力」を身につけて欲しいと強く思います。

「相手に対して思いやりをもって、自分の考えを伝える力」を身につけることで真のリーダーになって

しいと思っています。そのために一番大切なことは、君達自身が家の方や友人、また、先生方に

して「思いやり」を大切にした生活を送っていくことです。』と私の今の想いを伝えました。

 次に、定時制課程の生徒には、健康の大切さを考えてもらうとともに、自分自身にあったペースを

けようと問いかけました。また、コミュニケーション能力の向上を目指す為に、今よりも少し多く友人

と話し、今よりも少し大きな声で話そうと述べさせていただきました。

 また、私事で恐縮ですが、私は長年高校野球に携わってまいりました。この度重責ではございますが、

福岡県高校野球連盟会長を務めさせていただくこととなりました。私を育てていただいた高校野球

少しでもご恩返しができればと思っています。京築地区の高校野球といえば、昭和56年春に築上中部

高校(現 青豊高校:平成14年に築上中部高校、築上北高校、築上東高校の三校を統合)が甲子園に

出場し大きな話題となったことを今でもはっきりと覚えています。

 令和元年、京都高校、地域と一体となり前進してまいりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

 ホーム
福岡県立京都高等学校〒824-0032福岡県行橋市南大橋4-5-1
Tel:0930-23-0036,23-0038 Fax:0930-23-9841
福岡県立京都高等学校
〒824-0032福岡県行橋市南大橋4-5-1
Tel:0930-23-0036,23-0038  Fax:0930-23-9841
Copyright(C)2014 福岡県立京都高等学校 All rights reserved